花組公演 『TOP HAT』全配役決定、退団者発表

花組

こんにちは。雫です。
今日は寒いですね・・!
まだ雪❄の影響はない地域なのですが、皆様気を付けてくださいね。

さてさて、宝塚が休演続きでしょんぼりとしていたのですが、
雪組のキャストボイスがアップされ、

そして今日どうやら花組公演 『TOP HAT』
集合日!とのことでテンションが上がりました。
やっぱり宝塚がないとダメだわ・・・💦




『TOP HAT』全配役決定

キャスト | 花組公演 『TOP HAT』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
花組公演 『TOP HAT』のキャストをご紹介します。
主な配役2015宙組2022花組
ジェリー・トラバース公演のためにロンドンを訪れた
ブロードウェイのスターダンサー
朝夏 まなと柚香 光
デイル・トレモントファッションモデル。
ロンドンのホテルでジェリーと出会う
実咲 凜音星風 まどか
ホレス・ハードウィックジェリーをロンドンの公演に
招待したプロデューサー
七海 ひろき水美 舞斗
マッジ・ハードウィックホレスの妻で、デイルの友人純矢 ちとせ音 くり寿
ベイツホレスの執事寿 つかさ輝月 ゆうま
ジョージ
コレッリ支配人
(一幕)
(二幕)
星吹 彩翔航琉 ひびき
シンプソン
ルイス
(一幕)花屋の店長
(二幕)警察官
和希 そら
朝央 れん
舞月 なぎさ
エリス
リズ
(一幕)
(二幕)ホテルダンサー
大海 亜呼華雅 りりか
リチャード副支配人
アラン
(一幕)
(二幕)ホテル歌手
星月 梨旺
天玲 美音
羽立 光来
カーラ
ソニア
(一幕)
(二幕)客の女
花音 舞若草 萌香
アルベルト・べディーニデイル専属のイタリア人
ファッションデザイナー
愛月 ひかる帆純 まひろ
カルバート支配人(一幕)美月 悠春矢 祐璃
フローラ
クラーラ
(一幕)
(二幕)メイド
瀬音 リサ糸月 雪羽
御者(一幕)穂稀 せり泉 まいら
モーリス
ジャン/漁師
(一幕)
(二幕)
春瀬 央季
和希 そら
一之瀬 航季
ダグラス
ロベルト
(一幕)
(二幕)ウェイター
澄風 なぎ
?
愛乃 一真
ジョージ(一幕)星吹 彩翔龍季 澪
ケニー(一幕)天玲 美音翼 杏寿
リポーター(一幕)朝央 れん涼香 希南
ジム
ジュゼッペ
(一幕)ポーター
(二幕)ウェイター
?
星月 梨旺
太凰 旬
メリー
セレナ
(一幕)
(二幕)メイド
桜音 れい鈴美梛 なつ紀
ドアマン(一幕)南音 あきら
ヴィクトリア(一幕)美桜 エリナ桜月 のあ
ジョン
クラウディオ
(一幕)運転手
(二幕)ウェイター
秋奈 るい
春瀬 央季
涼葉 まれ
ティリー(一幕)愛白 もあ詩希 すみれ
リポーター
ヴェラ
(一幕)
(二幕)メイド
里咲 しぐれ
彩花 まり
二葉 ゆゆ
運転手(一幕)?颯美 汐紗
ダン
パオロ
(一幕)ポーター
(二幕)ウェイター
七生 眞希天城 れいん
アリス
モニカ
(一幕)
(二幕)メイド
彩花 まり
美桜 エリナ
都姫 ここ
リポーター(一幕)朝央 れん珀斗 星来
ドナ(一幕)メイド愛咲 まりあ美羽 愛
リン(一幕)メイド真みや 涼子美里 玲菜
official Website TAKARAZUKA REVUE(https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/tophat/cast.html)より


一幕だけとか、一幕二幕と役が変わったりして
混乱しました(笑)
宙組の時はショーガールた大量発生(言い方)してましたが、

花組ではショーガールという役名はなし。
(お名前だけある方がそうかな?細かいところ忘れており・・)

今回の配役で何より驚いたのは
帆純さんのアルベルト・べディーニ!!!!!!
凄い!(笑)
てっきり専科で95期の輝月さんかなぁと思っていたので、
帆純さんで本当にびっくりでした。
え、あのスーパーマンみたいなパジャマ着てくれるんですか!?(大興奮)
超楽しみなんですが。


輝月さんでも安定のうまさでベティーニを演じたかなぁと思うのですが
未知数な帆純さんが演じることでご自身にとっても
ファンにとっても新しい帆純さんが見られそうですね。
殻を破るにはいい、印象的なはっちゃけた役ですね。
(でもちゃんとかっこいいがベースにありますよ!ぶっとんでるけど・・・)

輝月さんは花組に初出演ですが、今度の役柄としても
まさに脇を締める大切な役者さんとしてこれからも各組に出演してくださるん
でしょうね。
ちょっと年配の役をできるような若手専科さんが減っているから、輝月さんは
とても貴重な役者さんです。
長くいてほしいなぁ。


退団者発表

404 Not Found | 宝塚歌劇公式ホームページ

桜月 のあ
礼哉 りおん


2022年4月6日(花組 梅田芸術劇場メインホール公演千秋楽)付で退団  

official Website TAKARAZUKA REVUE(https://kageki.hankyu.co.jp/news/20220210_006.html)より


そうか・・そうなのか・・・!
102期の桜月さん、104期の礼哉さん。
まだまだ早いよ・・!と思うけれど、もう102期は
次新人公演がラストの学年(研7)になりますもんね。

あっという間に中堅どころになるとは・・。
(まだ若いけど)


公演中止になることなく最後まで全公演進むことができて、
お二人が心から楽しんで舞台に立たれますように。

『冬霞の巴里』の集合日も、きっともう少しですね・・・!






タイトルとURLをコピーしました