情報過多!雪組公演2022年7-8月公演発表と月組『Rain on Neptune』続報

月組

こんにちは。雫です。
さーて、今日は情報が多いぞ!?
でもちょっと前は悲しいニュースだらけだったので、
今度は楽しみなニュースばかりで幸せです。





梅田芸術劇場メインホール公演『ODYSSEY-The Age of Discovery-

404 Not Found | 宝塚歌劇公式ホームページ


うれしい!公演が観れることが本当にうれしい!!

ということは第一にあるのですが、
実はちょっぴり複雑です。

本来は今年の1月に東京国際フォーラム ホールCで上演される
予定だったものの、全日中止。
その時に出演予定だった生徒さんがもう見られないからです・・・。
(下記敬称略)



琥珀 れいら (2022/1/22退団)
綾 凰華   (2022/6/12退団予定)
和希 そら  (『心中・恋の大和路』主演予定)


他の生徒さんも変わる可能性大ですね。
こればかりは何が悪いわけでもなく、致し方ないと言ってしまえば
そうなのですが・・。

もし叶うならば当時の稽古場風景とか、
もしもしもし欲を言えば当時のゲネプロとか
うっかりBlu-rayにつけてくださらないかなぁ・・・。
一公演もみられないままなのはどう考えても
悔しくて悲しいので。




でも夏のODYSSEYは全力で待機してましたので有難うございます!
元々冬は東、夏は西で、予定していたのかなと思うので。
今度こそ、絶対に観るぞ。





梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/日本青年館ホール公演『心中・恋の大和路』

404 Not Found | 宝塚歌劇公式ホームページ


わーー!!
和希さん東上主演おめでとうございます!!

そして作品としては何度も再演されてきた名作と思いますが、
最後が2014年の壮さん、愛加さんが演じられましたね。

当時出演されていた透真さんや久城さんなども
まだいらっしゃるのでこちらに出てくださるとうれしいかなぁ。
(あっでもODYSSEY・・・くううう)

2014年に手代の与平を演じていた月城さんが
再演あるかなと思っていたこともあったのですが、

和希さんも『夢千鳥』とってもよかったので、楽しみです。

またちょっと時代は遡りますし『夢介千両みやげ』に続いて
本格的な和物になりますが、
きっと素敵な作品にしてくださると期待しています。

ところで梅川はどなたが・・・?
日本物が『夢介千両みやげ』で初めて!とキャストボイスに
綴っていた夢白さん?
でも今年初めにバウヒロインしてるから違うかなぁ・・?
あとは野々花さん・・・?(でも東上ヒロイン済ですね。)

もしくは『夢介千両みやげ』で抜擢された方とか・・?

あ、『夢介千両みやげ』の新人公演・ヒロインも今か今かと
お待ちしている所存です。
(誰に向けて・・・)




月組公演 『Rain on Neptune』先行画像と主な配役

月組公演 『Rain on Neptune』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
月組公演 『Rain on Neptune』の情報をご紹介します。


ふわっ!!?し、新鮮!!!
月城さんの髪型があんまり見ないようなスタイルで・・・
かっこいい!!!!
月城さんの短髪が見てみたくなりました。
(柚希さんの『オーシャンズ11』の時のような・・・!)

そしてこれはただの個人的な感想なんですが、こうやって縦に
永久輝さん・月城さんって並ぶの、、いいですね。

official Website TAKARAZUKA REVUE (https://kageki.hankyu.co.jp/revue/other.html)より


組は変わったけれど、このお二人がニコイチだったのを思い出します。
いつか朝美さん・暁さんとか、桜木さん・和希さんの縦並びも見てみたい・・!

(ささやかすぎる喜び)


キャスト | 月組公演 『Rain on Neptune』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
月組公演 『Rain on Neptune』のキャストをご紹介します。
主な配役
シャトー・ド・ガロー伝説のトレジャーハンター月城 かなと
ネプチューン
ベルメール
氷の女王
海乃 美月
トリトン月の王鳳月 杏
official Website TAKARAZUKA REVUE (https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/rainonneptune/cast.html)より

海王星ネプチューンに降る、ダイヤモンドの雨。
それは海王星の月、トリトンから、青く輝く氷の惑星へと贈る、

ラブレターであるという。

そんな噂を聞きつけ、伝説のトレジャーハンター、
シャトーが海王星にやってきた。
激しい嵐と冒険を求める彼だったが、降り立った先は
数多の宝石と音楽に溢れる、美しき夢の世界であり、
意外な歓迎を受けてしまう。

月の王トリトンは、戸惑うシャトーに二つだけ条件を提示する。
一つは、ダイヤモンドにだけは手を出さないこと。
そしてもう一つは、氷の女王、ネプチューンに恋心を抱かないこと。
それさえ守れば、ここにいつまでもいてよいと言う。
遠い遠い故郷、フランスを想起させる追憶のチューンに乗せ、
不思議な住人達と冒険を忘れ安らかな時を過ごすシャトー。
だが、雨の彼方に浮かんでは消えるネプチューンの
美しい姿に、次第に心惹かれていってしまう。
恋が、雨を嵐に変えていく。

official Website TAKARAZUKA REVUE (https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/rainonneptune/info.html)より


うん、まぁ、そうだよね!という順当なキャスト。

ベルメールはちょっとまだわかりませんが・・・
内容はともかく、とにかく華やかで美しい
煌びやかな世界が見られること間違いなし。
アンフィシアターなのもいい。
早く観たいポスターも見たい(強欲)



108期生の文化祭も無事実施されるようですし、
この先は中止はなしで!皆健康で欠けることなく舞台が
続きますように・・・!
毎回終わりの定番の締めみたいになってますが、
本当に祈るばかりです。






タイトルとURLをコピーしました