宙組公演一気に決定!2022年6-7月別箱&2022年8-11月本公演

宙組

こんにちは。雫です。
今日はもうクリスマスイブ!
あっという間すぎて12月の記憶があまりありません・・・💦


さてさて、そんな目まぐるしい師走に、
沢山の情報が公開されました。
全て2022年の宙組公演内容です・・・が、一つだけ先に。

礼さん、令和3年度文化庁芸術祭賞 
新人賞受賞おめでとうございます!!!
部門は様々ですが轟さんや原田先生、新人賞でいえば

柚希さん、明日海さんも過去に受賞されてますね。

404 Not Found | 宝塚歌劇公式ホームページ
令和3年度(第76回)文化庁芸術祭 | 文化庁
令和3年度(第76回)文化庁芸術祭の内容を掲載しています。

年の瀬におめでたいお知らせ!
礼さんの益々のご活躍が楽しみです。

さて、宙組公演一気に発表されましたねーー!





東京ガーデンシアター公演『FLY WITH ME』

公演解説 | 宙組公演 『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
宙組公演 『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』の公演解説をご紹介します。

2020年、東京ベイエリア「有明ガーデン」敷地内に、
国内最大の劇場型ホールとして誕生した「東京ガーデンシアター」。

臨場感溢れるこの夢の舞台に、今なお進化を続ける
宙組トップスター真風涼帆が登場、新たな歴史を刻みます。
EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEなど
数々のアーティストを生み出し、時代をリードするLDH JAPANの
ライブの企画・演出を手掛けるクリエイティブチーム
「TEAM GENESIS」によるプロデュースが実現。
想像を超える圧巻のステージに挑戦いたします。

劇場全体を「空港」および「宙(ソラ)」に見立て、
大空や銀河などをテーマにした壮大なコンセプトのもと、
「Love(愛)」と「Dream(夢)」と「Romance(浪漫)」

溢れる構成でお届けするLDH JAPANと宝塚歌劇の初のコラボレーションが、
皆様に、未来への希望に満ちた究極の「Happiness(幸せ)」をお届けいたします。

official Website TAKARAZUKA REVUE (https://kageki.hankyu.co.jp/news/20211224_004.html)より


えぇーーと?!
コラボレーション!?しかもLDH JAPAN!?
びっくりです。

ちょっとよくわからなかったので「TEAM GENESIS」で調べたら下記がヒットしました。
とにかく
期待していいいよ!ってことですね!(雑か)

TEAM GENESISとCREATIVE制作スタッフについて | EXILE TRIBE mobile
TEAM GENESISとCREATIVE制作スタッフについての回答ページです。


でも、潤花さんはここに出演されないってことかな・・・?
もしかしたらディナーショーの可能性とか・・・?
芹香さんと別とか・・・?
一緒に名前がないのが気になります。




Brillia HALL/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演『カルト・ワイン』

公演解説 | 宙組公演 『カルト・ワイン』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
宙組公演 『カルト・ワイン』の公演解説をご紹介します。

21世紀初頭のニューヨーク。
狂乱のヴィンテージワイン・オークション会場に華やかに登場するのは、
高級スーツに身を包んだヒスパニック系の男、カミロ・ブランコ。
誰もがその名を知る、若きワイン・コレクターだ。
羽振りの良さ、膨大な知識、確かな舌、上品な物腰と
人懐っこい性格で信用を得たカミロのコレクションに、人々はこぞって高値をつけていく。

だが、そのほとんどは安ワインをブレンドして作られた偽造品で、
カミロという名も偽名だった。

彼の正体は10年前に貧しい中米の国・ホンジュラスから
入国した不法滞在者、シエロ・アスール。
マラスだった彼は、殺るか殺られるかの暮らしから抜け出すため、
幼馴染のフリオと共に命懸けの旅に出たのだった。

シエロは何故ワイン偽造に手を染め、
如何にして業界を揺るがすワイン詐欺師となり得たのか?

貧しい一人の青年が、被害総額1億ドルの偽造ワイン事件犯として
投獄されるまでを描いた、ちょっぴりビターなスウィンドル・ミュージカル!  

official Website TAKARAZUKA REVUE ( https://kageki.hankyu.co.jp/news/20211224_005.html)より


桜木さんの初東上作品『壮麗帝』が東京公演中止となったので、
ようやく改めて初東上ですね。
おめでとうございます!!!!

『夢千鳥』に続き、宙組x栗田先生、絶対楽しみでしかないんですが。
スゥインドルってなに!?と調べたらまさに詐欺師 シエロのことでした。
調べても出てこなかったのですが、これは完全オリジナル・・・?
どんな作品になるのかな。
『夢千鳥』がとっても世界観が美しかったので今度はどんな色の作品になるのか
いやー早く観たい明日観たい(早)

swindle 意味・対訳:だまして金を取る、かたる、だまして巻き上げる、だまし取る

Weblio(https://ejje.weblio.jp/content/Swindle)より




2022年8月~11月『HiGH&LOW -THE PREQUEL-』『Capricciosa!!』

404 Not Found | 宝塚歌劇公式ホームページ

『HiGH&LOW -THE PREQUEL-』

2015年に連続ドラマとして日本テレビ系列にて初放送された
「HiGH&LOW」は、2020年までにシリーズ5作が放送される他、
2016年より公開された映画シリーズは作品数にして7作、
累計興行収入78億円、累計観客動員555万人を突破した、
音楽・コミック・ゲーム・SNS・テーマパークなどあらゆるメディアを
融合させた「総合エンタテインメント・プロジェクト」。
この壮大なシリーズの作品群の隠された前日譚(THE PREQUEL)を
新たに構想、宝塚歌劇の世界観での舞台化に挑戦いたします。

時はムゲン解散から数ヶ月後、「SWORD」誕生前夜の物語である。

かつてムゲンという伝説のチームがこの一帯を支配していた。
しかしある事件をきっかけに突如ムゲンは解散。
無数のチームによる抗争が後を絶たなかった。
そんな中、ひとりの女性が現れる。彼女と恋に落ちたのは、
「山王連合会」のリーダーのコブラ。
だが、二人には抗うことのできない運命が待っていた……。

「守るべきものができると弱くなる」それは戦うモノたちのセオリーなのか。

やがて頭角を現す五つのチーム
「山王連合会」「White Rascals」「RUDE BOYS」
「鬼邪高校」「達磨一家」。
その裏には、コブラを無口にさせる悲恋があった……。

LDH JAPANと宝塚歌劇団による強固なコラボレーションを通して、
究極の男役を体現するトップスター・真風涼帆と宙組による、
守るべき女性・守るべき街との間で葛藤する男たちの愛と闘いの物語にどうぞご期待ください。

official Website TAKARAZUKA REVUE ( https://kageki.hankyu.co.jp/news/20211224_003.html)より


??????

もうちょっと頭に入りませんでした。
エッ宙組xLDHは既定路線なの・・・??

(私は星組というか礼さんともしくは朝美さんの方が親和性が高いと思ってたよ・・?)

という話はおいておいて。
HiGH&LOWは知ってはいるものの、みたことはありませんでした。

相関図も色々なバージョンで出ているので探しきれないのですが、こ、これかな・・?


HiGH&LOW
男たちの友情と熱き闘いを描く「HiGH&LOW」シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが再び実現!映画『HiGH&LOW THE WORST X』2022年9月9日(金)全国ロードショー


でも新たに構想された前日譚だし、ちょっと映画やこれまでのと違うところも
あったりするんでしょうか。
真風さんが金髪のコブラで、潤花さんは・・・うーんとえーと・・・
全くわかりません・・・。
これを機に観てみるしかないかな・・・でも血が出るような暴力シーンとか
喧嘩シーン苦手なんですよね・・・💦

真風さんの持つ大人っぽい雰囲気と、今回のコブラもちょっとまた違う
なーと思うので新たな一面が見られるかもと思うと楽しみです!

HiGH&LOW
男たちの友情と熱き闘いを描く「HiGH&LOW」シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが再び実現!映画『HiGH&LOW THE WORST X』2022年9月9日(金)全国ロードショー
HiGH & LOW
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有


『Capricciosa(カプリチョーザ)!!』-心のままに-

“Capricciosa”とはイタリア語で“気まぐれ”“勝手気まま”といった意味を持つ言葉。

放浪の伊達男カプリチョーザが、イタリア各地を巡る中で
遭遇する様々な出来事を綴った大人の雰囲気漂うショー作品。

トップスター真風涼帆を中心に、宙組の個性溢れるスター達が繰り広げる、
パワフルでセクシーな魅惑の世界をお楽しみください。

official Website TAKARAZUKA REVUE ( https://kageki.hankyu.co.jp/news/20211224_003.html)より

『HiGH&LOW -THE PREQUEL-』 のショーはこれまたおいしそうなタイトル。
あのイタリアンレストランのイメージが強いからですね(笑)


伊達男なんて真風さんにぴったりなんですが!?
大人の雰囲気漂うショー!!
待ってました!!!!!

しかし、お芝居は野口先生、ショーは藤井先生で、どことなく
来年の宙組には熱狂的な熱さを感じそうなそんな予感がします・・・・(笑)

そしてこの作品で真風さんが退団するということは果たして
あるんでしょうか・・・?
放浪というフレーズはなんとなく退団っぽいような気もするのですが、
何せお芝居のインパクトが・・・(笑)
でも芹香さんも二番手期間もうそろそろ8年になりますしね・・・。



タイトルとURLをコピーしました